古本とビールの日々


by oxford-N

オックスフォード便り 246 「ボドリアン・ライブラリー」

b0157593_15474039.jpg

オックスフォード大学のボードリアン・ライブラリー。

どれくらいここへ通っただろうか。自宅にいた時間よりも長かったことだけは確かだ。今では自分の住居よりも親しみを感じる。

朝の9時に到着して、まず鉛筆を削る。削られたところから木のにおいがのぼり立つ。

請求しておいた本を取り寄せ、昨日の続きから読みだす。ノートを取り、検討をくりかえす。

高揚と挫折、その繰り返し。卑小な自己の世界と遠大な図書の世界。

幻惑でしかない蔵書に囲まれた幸せと悲哀。

ただ、ここで1年間を過ごせて本当に幸せだった。ありがとう。
[PR]
by oxford-N | 2009-03-28 15:49 | 日々の情景